JR中央線、新宿から15分、吉祥寺駅北中央口を線路に沿って新宿方向へ5分弱、3階建ビルの地下、他所では聴くことのないユニークなジャズをライブとCD,アナログ音源で楽しんで戴けるBar & Cafeです。

the Foxhole

■ライブスケジュール
■地図
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-32-11 タカムラビルBF
JR吉祥寺駅北口から中央線沿いに東へ徒歩約5分、左手(北側)。
tel 0422(20)5025

the Foxhole は2015.7月25日で閉店致しました。


Mail_ID
foxhole.1017@gmail.com
(各ライブご予約承ります。)
当日の予約は電話でお願いします。 

カテゴリ

about the Foxhole
ライブ・スケジュール
ライブ・ログ
ドリンク
フード
貸切ライブ御利用下さい

最新の記事

2015年7月 ライブ・スケ..
at 2015-06-19 22:47
2015年6月 ライブ・スケ..
at 2015-06-16 22:59
2015年5月ライブ・スケシ..
at 2015-04-30 10:05
2015年4月 ライブ・スケ..
at 2015-04-22 00:21
2015年 3月 ライブ・ス..
at 2015-03-02 22:09

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

2012/8月 ライブ・ログ 1

8/1(水)タカダアキコ(ダンス)瀬戸信行(cl)佐藤芳明(アコーディオン)
 “旅芸人一座”の様な3人。面白、おかしく,しかし二人の持ち寄る曲は変化と起伏に富み鋭いリズム・センスに裏打ちされる演奏と共に只者ではないことを周知させる。元より自由奔放なタカダアキコも二人のエッジの効いたプレイにインスパイアーされ燃えるようなダンスをユーモアを交えながら披露してくれた。その夜は来客としてその場にいたタップ・ダンサー大塚怜緒奈さんも飛び入りで加わり一層楽しく、盛り上がるライブとなった。


8/3(金)Daivid Miller(ds) Todd Nicholson(wb) Daisuke Fujiwara(ts.effects)
 来日中のペットボトル人間のドラマーDavid Miller そのMillerのN.Y.での演奏仲間で日本在住のベーシストTodd Nicholson,それにテナー・サックス奏者藤原大輔の初セッション。ハード・バップ後期から現代ジャズへの変遷、移行をたどるかのライブだったが、藤原大輔のプレイはインパルス・レコード録音時代、絶頂期のソニー・ロリンズを彷彿させた。確かな力量を伴う2人のリズム陣はしなやかに藤原大輔に呼応、反応し高次元の即興であると同時にリアルジャズと言えるすばらしい内容であった。



8 / 9(木)山下真理クインテット/山下真理(vib)青木タイセイ(fl.tb)小美濃悠太(b)永山洋輔(ds)
 初めて聴く山下真理クインテット、彼女のコンポジション、アレンジメントはアンサンブルの素晴らしさも相俟って感動を覚える。共にプレイする粒揃いのバンド・メンバーも同じ思いではないのだろうか?ビッグ・バンド・リーダーとしても相当な力量を発揮するだろう。楽風、サウンドは彼女が学んだバークリー音楽学校の在るボストンを想わせる力強いエネルギーを感じながらも爽やかさに満ちていた。


8/10(金)飯島瑠衣(p) 安川信彦(as.ts) 梅田和利(gt) 角田隆太(b) 新谷芳勇(ds)
 女性リーダーのライブが続いた。ピアニスト、コンポーザーとしてコンテンポラリー・ジャズと向き合う飯島瑠衣が腕っこきのメンバーを率いて初ライブに臨んだ。オリジナル曲を中心とした演奏に、アメリカ、ヨーロッパ・ジャズをモチーフとし乍らも彼等自身の“コンテンポラリー・トーキョー・ジャズ”と言えるものがしっかりと感じられる。
これからもメンバーひとりひとり絶えず自らの粋を壊しながら成長し続けて欲しい。バンドの思いの伝わる素晴らしいライブだった。
[PR]
by foxhole2010 | 2012-08-31 17:49 | ライブ・ログ