JR中央線、新宿から15分、吉祥寺駅北中央口を線路に沿って新宿方向へ5分弱、3階建ビルの地下、他所では聴くことのないユニークなジャズをライブとCD,アナログ音源で楽しんで戴けるBar & Cafeです。

the Foxhole

■ライブスケジュール
■地図
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-32-11 タカムラビルBF
JR吉祥寺駅北口から中央線沿いに東へ徒歩約5分、左手(北側)。
tel 0422(20)5025

the Foxhole は2015.7月25日で閉店致しました。


Mail_ID
foxhole.1017@gmail.com
(各ライブご予約承ります。)
当日の予約は電話でお願いします。 

カテゴリ

about the Foxhole
ライブ・スケジュール
ライブ・ログ
ドリンク
フード
貸切ライブ御利用下さい

最新の記事

2015年7月 ライブ・スケ..
at 2015-06-19 22:47
2015年6月 ライブ・スケ..
at 2015-06-16 22:59
2015年5月ライブ・スケシ..
at 2015-04-30 10:05
2015年4月 ライブ・スケ..
at 2015-04-22 00:21
2015年 3月 ライブ・ス..
at 2015-03-02 22:09

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

8月のライヴ・ログ

8月13日(土) 清水一登(pf.more) 山崎阿弥(voice) 山本達久(ds)
 新しい才能との出会いに遠い過去の記憶が甦る。肉声に依る音楽的表現の可能性の限界へ新境地を拓く2人の女性が重なる。その夜のライブのヒロイン、ヴォイス・パフォーマー 山崎阿弥がその一人だ。耳を疑ってしまう程奇抜な発声、広い声域、喋り、囁き、叫び・・・と人の語りをユーモラスに音楽とリンクさせてしまう。しかも真顔で・・実に面白い。30年もの前、驚嘆し笑い転げたローレン・ニュートンのステージが鮮やかに思い浮ぶ。手法はそれぞれ違うのだが極限へ挑む眩いばかりの輝きがこの途轍もない2人の女性ヴォイス・パフォーマーを結び付けるのだ。思いがけないハプニングでのスタートとなったが、清水一登(pf.more)・山本達久(ds)の心豊かに弾む巧みなサポートとの対話に今日の感性、新しいアートの芽生えを見、心躍る思いするライブとなった。

8月15日(月) タカダアキコ(dance) 田中邦和(ts) 高岡大祐(tuba)
 多くのアーティストとの交流を通じ身体表現を極める途を歩み続けるダンサー、タカダアキコ。身体能力の高さ、持ち前の気丈さ、それに大人の女らしさが加味されあの情熱的、官能的なダンスとして表現されるのであろう。その夜彼女をサポートするのは双児の阿修羅の様な、田中邦和(ts)・高岡大祐(tuba)2人の猛者だ!その高岡大祐は世界屈指のチューバ奏者と言われるに値する心・技の限りを尽くす壮絶なばかりのプレイを繰り広げ、タカダアキコを天空へ飛翔させた。ややストレスを抱いていた田中邦和もインスパイアーされ彼本来のエネルギー溢れる演奏を取り戻し、8月15日・平和祈念日に相応しいライブに実感を与えてくれた。

8月17日(日) 町田良夫(スティールバン) 坂口光夫(シンセサイザー) 
         山田あずさ(ザイロフォーン) 山本達久(ds)
 初めての試みとして、You Tube放映の為の撮影等、いつもと違う雰囲気にちょとした緊張感もあり幾分よそよそしくスタートしたが、無事1stセットのみの撮影も終了・・初めて聴く4人の演奏には豊かなイマジネーションと直感的・瞬発的表現能力の高さが感じ取れる。しかし、聞き応えのあったのは、皮肉なことにカメラの消えた2ndセットだった!山本達久(ds)の作った曲だと言う。山田あずさ(ザイロフォーン)・町田良夫(スティールパン)の繊細でプリミティヴな響きに始まり鮮やかな彩りを紡ぐ坂口光夫(シンセサイザー)。大地の胎動を思わせる力強いニュアンスに富んだ山本達久、才気溢れる4人が織り成す崇高なドラマに、凄まじいばかりの高掦感が全てのオーディエンスの心を貫ぬいたと思う。是否共、お笑いとサブカルチャーの国に留まらず、質の高い音楽、芸術、文化を迎える知的好奇心に富んだ国で活躍してもらいたい。必ずや激賞されるであろう。今すでに創造的ジャズ、音楽シーンに置いて限り無く頂点に近い位置にあるユニットなのだから・・・







 
[PR]
by foxhole2010 | 2011-08-17 14:54 | ライブ・ログ