JR中央線、新宿から15分、吉祥寺駅北中央口を線路に沿って新宿方向へ5分弱、3階建ビルの地下、他所では聴くことのないユニークなジャズをライブとCD,アナログ音源で楽しんで戴けるBar & Cafeです。

the Foxhole

■ライブスケジュール
■地図
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-32-11 タカムラビルBF
JR吉祥寺駅北口から中央線沿いに東へ徒歩約5分、左手(北側)。
tel 0422(20)5025

the Foxhole は2015.7月25日で閉店致しました。


Mail_ID
foxhole.1017@gmail.com
(各ライブご予約承ります。)
当日の予約は電話でお願いします。 

カテゴリ

about the Foxhole
ライブ・スケジュール
ライブ・ログ
ドリンク
フード
貸切ライブ御利用下さい

最新の記事

2015年7月 ライブ・スケ..
at 2015-06-19 22:47
2015年6月 ライブ・スケ..
at 2015-06-16 22:59
2015年5月ライブ・スケシ..
at 2015-04-30 10:05
2015年4月 ライブ・スケ..
at 2015-04-22 00:21
2015年 3月 ライブ・ス..
at 2015-03-02 22:09

以前の記事

2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

6月のライブログ 3

6月25日(土) ブルース・セッション
雨に祟られた前回に比べると、梅雨季のこととて、曇天ではあったが、多くの参加者で活気あるブルーズ・セッションとなった。内容としても、オリジナル曲あり、即興のギター・チェイス、ハープ(ハーモニカ)・チェイスありと刺激的で、日頃蓄えたアイディア、磨いた技を、参加者一人、一人が披露する等、充分に実りある成果を残し、楽しく盛り上がった夜であった。特に、フランス人を含む、白系外国人の方々の参加もあり、今日のブルーズの在り方、方向性を垣間見る思いがした。ジャズ・シーンでは、80年代にウィントン・マルサリスが登場、ジャズ・メディアの強力なプッシュも功を奏し、土と汗の臭いする、創造芸術であった筈のそれまでのジャズから洗練されたアフロ・アメリカンの伝統芸能へと姿を変えた。今やクリエィティブななジャズ・シーンはひと握りのアフロ・アメリカ人、白系アメリカ人、ヨーロッパ人、日本人に委ねられている。ジャスのルーツとも言えるブルーズの世界でも同様な状況が危惧される。夭折したブルースマン、スティーヴィー・レイ・ヴォーンを例えるなら、スタイリッシュなカッコ良さも然ること乍、確かなテクニックと共にある創造的思索、そして内奥に潜む不屈の反骨精神が聴く人、後に続くブルーズマン達の心を突き動かすのだ。これこそがブルーズ魂なのであろう。大衆化、エンターティメント化が否定、批判されるべきではないが、精神文化として、創造芸術としてのアフロ・アメリカン音楽の熱く燃える魂の火を消してはならない。奇しくも、その夜はブルーズ・セッションの世話役のひとりの御父上の通夜となった。ご冥福をお祈りすると共に全てのブルーズ・マンに生有る限り燃える思いをブルーズに託して欲しいと願った。「一度きりの人生だ!熱く生きようぜ!」先にこう書いたことがある。ブルーズを愛する人々を”グレート・マイノリティ(絶対少数派)と・・・”唯、説明を付け加える必要がある。それは、グレート・マイノリティのグレートには、深い敬意と尊厳を込めたもの・・・と理解して戴きたい。
"Have mercy on them!"

6月30日(木) 宮崎達也(as) 森本雄也(ts) 寺尾陽介(b) 新谷芳勇(ds)
その夜、宮崎達也は愛用のアルト・サックスと共にソプラノ・サックスとフルートを携えやつて来た。ザ・フォックスフォールでのマルチ・リーディスト・デビューだ。クールな(かっこ良い)自作曲をいつもに増してホットにブロウする。誰の影響下にあるのか推し計れない、野暮な詮索をするより、元祖森本派と呼ぶのが良いかも・・・テナー・マン森本雄也。癖の無いプレイで自らの役割をしっかりこなす。幅広いジャズに対応出来るタイプだ。将来が嘱望される。幅広いジャズに対応出来るのはリズム陣も同様だ。ビ・バップから今日のスタイル迄何でもこなせるのだろう。今回はやや控えめにリズム・キープに徹していたドラマーの新谷芳勇。その分気を吐き?力強いプレイを見せたのがベーシスト寺尾陽介だ。相性の良い、息のあった壮快なリズムだ。進化の過程をひと捲りする思いの良いライブであった。
[PR]
by foxhole2010 | 2011-07-04 15:55 | ライブ・ログ